完全機械式カメラ「PENTAX MX」で何を切り取るか?

気づいたら、同じ研究室だった彼が課長になっていたり、「地方配属だわー」と笑っていた奴が台湾勤務でバリバリ働いていたり、置いてきぼりを喰らったみたいでなんだかやるせないです。

そんな僕は、明日も会社に行って大人しく働くのでしょう。

先週の土曜日は、母校の卒論発表会でした。そのあとの2次会に誘われて途中参加した僕ですが、現役大学生の若さが眩しすぎて愛しくてどうしようもなくなり、気づいたら夜中2時までカラオケで歌い続けました。27歳、オールする体力無しのオトナなのでその後タクシーで帰ったけれど。

そんなこんなでムシャクシャした僕は、夜な夜なヤフオクで狙っていたPENTAX MXに入札してみたらあっさり落札できてしまい、少しだけ気分が落ち着いた次第です。

届くまでの間、MXを連れ出すにはどんなところが相応しいだろうと考えたのですが、例えば、久しぶりに会った友達と行った焼き鳥屋だったり、週末早起きして行ったアウトレットモールの道中だったり、そんなものを記録したいのです。

別に横浜中華街とかでもいいのです。

MXは、日常の些細な出来事をたくさん記録するためのカメラとして使いたいと思います。

そんなこんなでワクワクしながらMXを待っていた僕ですが、届いたのは、低速シャッター時にミラーアップしたまま現象とモルトの劣化があり、そのままでは使えない状態の個体でした。

「しょうがない、修理に出すか」と機械式カメラ専門店から見積もりを出してもらったら、そこそこ高い金額を提示されて面食らっております。

近々修理に出すつもりですが、心の整理が付くまで僕の部屋のオブジェとなる予定です。