ブルーシールアイス福生店 – 東京の端で沖縄を感じる

沖縄に行ったら必ず食べる「ブルーシールアイス」。
なんと、東京でも食べられるんです!

東京では、羽田空港店、池袋サンシャイン店、恵比寿ガーデンプレイス店、国分寺店、福生店の5店舗があります。意外と多かった。。。

今回は、横田基地(東京都福生市)近くにあるBLUE SEAL(ブルーシール)福生店へ行ってきました。

BLUE SEAL(ブルーシール)福生店

沖縄生まれアメリカ育ちのアイスクリーム専門店「ブルーシール」
その始まりは、米軍施設の中からだったそうです。

1948年、アメリカに本社を置くフォーモスト社は、沖縄に駐留する米軍関係者の生活に欠かせない乳製品を供給するため、具志川市天願(現うるま市)の米軍基地内に支店を設立しました。これがブルーシールの歴史のはじまりです。当時の商品は、基地内でしか手に入らない貴重なもので、沖縄の人が目にする機会が少ないものばかりだったそうです。

1963年には、米軍基地から浦添市牧港(現本店)へと拠点を移し、沖縄のアイスクリームとしての歴史を歩みはじめます。当時はかなり高価な食べ物であったにもかかわらず、多くのお客さんがお店に足を運び、アイスを楽しんだとのこと。

1976年、米国で優れた品質の酪農品に贈られる“ブルーリボン賞”の称号である“ブルーシール”にあやかり、社名をフォーモスト社から「フォーモストブルーシール」と改めてからは、より広く深く、沖縄に浸透していきました。ちなみに、同社の母体であった米国フォーモスト社の社名も、ブルーリボン賞を受賞した最高品質の乳牛「フォーモスト号」に由来しているそうです。今ではすっかり<ブルーシール>の愛称で親しまれ、沖縄のアイスクリームとして、多くの方に愛されるお店になりました。

そんなブルーシールのアイスのフレーバーは、「バニラ」や「チョコレート」「ストロベリー」といった定番から、「ネオポリタン」「ブルーウェーブ」といった変わり種系、「塩ちんすこう」「ジーマーミ豆腐」といった沖縄満載の味まで幅広く取り揃えています。

私は「トロピカルマーブル」「ココナッツ」をセレクト。色合いが南国っぽい。。。トロピカルマーブルはオレンジっぽい柑橘系の味かな? ココナッツは名前の通りココナッツの甘いテイストでした。

ギフトセットもあります。12個セットなら自分用に買ってもいいかも?

イートインスペースもあります。そしてアメリカっぽい。。。

隣はHoopというベーグル屋さん。そちらも良い雰囲気のお店です。

16号の横田基地沿いなので、ドライブのついでに訪れてみては?
もちろんドル払いOKです(紙幣のみ)。ハワイ旅行で余ったドル紙幣などがあれば、ここで使うのもおすすめです。

ブルーシールアイスクリーム 福生店アイスクリーム / 牛浜駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0